先を見ること

ずっと先のことばかりを見て、考えて仕事をし生活していました。


特に仕事では、早く効率よく合理的にし、いかに成果をあげられるかを

常に考えていました。


プライベートな時間を確保するためにも

この働き方はよい方法の1つだと思います。


しかし、やり過ぎていたら・・・

どうなってしまうか・・・


ずっと追われている感があって

心地よい緊張感ではなく

とにかく追いつかれないように、全開でやり続けなければならない

気の休まる暇もない、そんな息が詰まる感じです。


一言でいうと「楽しくない」

楽しむ隙がないのです。


プライベートも同じです。

先ばかりを見ていて、今を楽しめないのです。


仕事で追われるからプライベートでもそうなるのか

またその逆なのか・・・は、全くわかりませんが

とにかく、ずっと先を考えているのです。


でも、その時は、人生を生きるって、こういうことなのかなぁと

あまり疑問も持たずに過ごしていました。


いつかわからない将来の「安心・楽しい」のために

今を追われて過ごす、そんな感じです。


例えば、どんなことかというと。

ハワイに行った時のことです。

星を見たり、イルカと泳いだり、ダイビングをしたり

ハワイアンキルトやフラダンスを習ったりするために行ったんです。

とっても楽しみにしていて、いざ行ってみると・・・

楽しいですが・・・しかし

何かをしていても、そのあとの予定や次の日のことに思いを巡らせているんです。

そちらに心を奪われてしまっているんです。

これから行くところが混んでいたら嫌だなとか

天気がよければいいなとか、お腹が痛くならなきゃいいなとか

ここに心あらずですよ。

美しい星空を見ていても、明日は、出発が早いから寝坊しないように起きようとか

波が穏やかならいいなあとか思ってるわけです。

だから、美しいものを見て、感動して、喜んでいても

上っ面で感じているので、どこか、なんか違和感がある。

「今にいない・今を楽しんでいない」からなんです。

その違和感は、ハートからきているのですが、そんなことを知らない私は

喜怒哀楽の感情が薄いのかなって思っていました。

そして、自分はなんて感情が乏しく心配性なんだとも思っていました。


いやあ~、もったいないですよねえ。

ほんとにもったいないことをしていました。

だって行きたいと思っていたところに行ったのに

やりたいと思ったことをしているのに

どうなるかわからない先ばかりを見ているのですから。

だから願いが叶っても充実感より、空虚感みたいなものがやけに残るんです。

楽しいことが終わってしまったがっかり感ではない

満足することはなく、更に足りないを痛感するのです。

これは、何を持ってきても決して埋まることのない感覚です。

自分でも、よくわかっていなかったと思います。


これは、環境のせいではなく

今を精一杯に生きていなかった私に理由があるのです。


この前、ブログに書いた「感謝のワーク」をすることで変化しました。

当たり前は、素晴らしい。

感謝に大小は関係ない。

この2つに気づいたら、毎日の小さなことにも喜びや感謝を感じることが増えました。

何かがあるから感謝する・楽しい・幸せ・・・から

何もなくても、感謝する・楽しい・幸せ・・・となってきました。


そして

今を楽しめるということは

その今が積み重なり

自然とその先も楽しめるんだとわかりました。

常に今ということです。

だから、あれやこれやと心配し過ぎることはないのかな。

安心して身を委ねるといいのかなとも思いました。


心配し過ぎたり、不安になり過ぎたら

今回のことを思い出そうと思います。


「今ここ」を楽しむ。

アロマヒーリングサロン イハナ*ポエポエ

名湯登別温泉でお馴染みの登別市にある ヒーリングサロンihana *poepoe(イハナ*ポエポエ)です。 自分の「シアワセノカタチ」を思い出し、 自分で人生を創っていくお手伝いをしています。

0コメント

  • 1000 / 1000