さらっとできることについて考えてみた

本人も気づいていないこと

特別だとも思っていないことで

褒められると何のことかわからずに戸惑うものです。

でも、何人もの人に褒められるのであれば

それは、あなたの特技であり強みなのです。



本人は、ずーと前からできているので

それが、特別なことだとは思っていなかったとしてもです。

はじめは、気恥ずかしいかもしれませんが、素直に受け取りましょう。



さらっとできることで、いつの間にか、誰かのお役に立てているのなら

ワクワクしますね。





さて、さらっとできることって

称賛されるけれど扱いが雑な気がします。



やっぱり努力して苦労してできるようになったことの方が

めちゃくちゃスポットライトが当たっています。



成功までの過程に惹きつけられますしね。

感動するし、共感するし、励まされるし。



もちろん、素晴らしいことです。



それと同じように、さらっとできることも

めちゃくちゃスポットライトが当たってもいいと思っているんです。

長年の教職を振り返っても、そう思います。

そうすれば、自己肯定感が低くならないのではと思っているからです。



努力してできるようにならなければいけない

ひとつできるようになっても、また次の課題がある

頑張って頑張り続けて、できるようになったとしても、なんだか心は満たされない

一瞬満たされても、また次と不足感を感じる

どこまで頑張ればよいのか

自分ってダメなのかなってなっちゃう可能性があります。



持っている素晴らしいものよりも

できていない、足りないと思っていることを数えてしまう。

それを解消するために頑張る。

1つクリアしたら、次の課題が待っている。

ちょっと視線をそらすと課題が列をなして待っている。

それが、今までの当たり前だったのではないでしょうか。



それが苦しく感じるのであれば、まず持っている素晴らしいものを掘り当てましょう。

わからなければ、他の人から何度も褒められたことを思い出しましょう。

自分がしたことで、お礼を言われたこと喜ばれたことを思い出しましょう。

やっていてワクワクすること楽しいことを思い出しましょう。



みんなの前で褒められた大きなことだけではないんですよ。

どんなに、ちっちゃなことでも喜んでくれた人がいたら、それでいいんです。

楽しかったらいいんです。



大きいも小さいもないのです。

どれだけ自分の心が、人さまの心が動いたかですから。





さあ、自分のもともと持っているよさを意図的に数えましょう。

慣れるまでは。



そして、もっと学びたいよくなりたいと思うことがあれば、楽しんでやりましょう。

はたから見ると大変そうでも、本人がやりたくてワクワクしていたらできるはず。





いろいろ書きましたが、いつも私が行きつくのは



『どちらでもいい』



これにつきます。



苦しい方を選び、その道を行ってもよし。

新しい道を行ってもよし。

ご自分で選んだのであれば、それでよし。



ただ、周りの人が・・・ではなく

自分は・・・を大切にしましょう。



私も、ただいま挑戦中です(*'ω'*)

アロマヒーリングサロン イハナ*ポエポエ

maaさんこと田村正江です。 名湯登別温泉でお馴染みの登別市にある ヒーリングサロンihana *poepoe(イハナ*ポエポエ)です。 ちょっと迷ったときに、ちょっと誰かに話を聞いてもらいたいときに お役に立てるサロンです。

0コメント

  • 1000 / 1000