叶えるコツ

願いを叶えるコツは、信じること。

そうなると信じることである。



ただ、これは難しい。



いつ叶うのかな。

進み具合はどうなのかな。

願いは届いているのかな。

などなど進捗状況を確認したくなる。



なぜなら、自分が把握している以外で

願いが叶うプロセスがどうやって進んでいるかわからないからである。



そんなときは、ネットショッピングを思い出しましょう。

ポチっと注文し、承りましたとお返事が来たら

あとは、手元に届くのを待つだけですよね。

あんな感じです。

注文したあとに、注文、届いていますかとか、本当に届きますかとか

何度も電話して確かめませんよね。

それと同じです。

頼んだら、あとは楽しみにしながら待つだけです。



とは言いながら、これが苦手で・・・

ただ今、実験しながら練習中です(^^♪




それから、願いは、はっきりと遠慮せずに出すこと。

こうなったら嬉しいんだけれどとかではなく

私は、こうなりました、どこそこに行きましたなどと過去形で。



ファミレスで、注文を取りに行ったらおいしいものをお願いしますとか

温かい食べ物を下さいとか言われても困りませんか。

魚も肉もパスタもおいしいものはたくさんあるし、味付けだってたくさんある。

温かいのは、うどんもラーメンもスープもある。

デザートだっておいしいし。

おいしいものをお出ししたいけれど

相手が何を欲しているのか分からないので

どれを何をどのくらい持ってってよいかわからないし出せない。



だから、はっきりと欲しいものを注文する必要があるのです。

塩ラーメンと言われたら、塩ラーメンを持っていけますから。



どうなりたいのか、何が欲しいのかを

自分のことだけれど自分ではっきり知る必要があります。

それを遠慮せずに欲しいと言う。



そのためには、日頃から自分はどう感じるのかなど

自分の心に目を向ける必要があります。



そして、それを具体的に書いていくといいと思うのです。

そうすると、なぜ欲しいのか

手に入ったらそれをどのように使うのか

そこに感情も生まれてきます。

ワクワクしたり、ほっこりしたり。

感情が出てくると、更にイメージもはっきりしてくるので

願っていることが、より強く届くことになります。



私は、書くことが好きなので、何年も前から願いを書いています。

読み返してみると、思いのほか願いが叶っていることに驚いています。

少しずつ願いの書き方もうまくなっています。

願い方が不十分だったから叶わなかったのかと気づくこともあります。

見比べるとよくわかります。

なりたい姿を、くわしく書く、そうすると感情も出てくるので

楽しみながら書くことができます。



書くこと、これが、もう一つのコツかなと思います。



今年になって願ったことが、最近、叶い始めています。

おすすめです。

アロマヒーリングサロン イハナ*ポエポエ

maaさんこと田村正江です。 名湯登別温泉でお馴染みの登別市にある ヒーリングサロンihana *poepoe(イハナ*ポエポエ)です。 ちょっと迷ったときに、ちょっと誰かに話を聞いてもらいたいときに お役に立てるサロンです。

0コメント

  • 1000 / 1000